メイン

FX アーカイブ

2008年03月27日

理想的な取引が可能なマネックスFX

マネックスFXは、5,000円の資金から、1,000通貨以上、1,000通貨単位で取引ができる、FX会社です。

1ドルあたりの手数料は10銭ですが、最低手数料は6銭となっています。、100万ドルの取引でも1取引単位の手数料は60円です。取引コストを低く抑え、リーズナブルな手数料設定がされているマネックスFXは、初心者にもお勧めのFX会社です。

マネックスFXでの取扱い通貨ベアは、米ドル、豪ドル、NZドル、カナダドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、円の、8種類です。そして、マネックスFXの、一番の人気の秘密は、投資家の方々の、さまざまな取引スタイルによるニーズに応えられるよう、多彩な注文方法が用意されていることです。

注文方法のバリエーションが多いことで、使い方に幅ができ、時間がない方でも、自分のスタイルに合った理想のFX取引が可能です。

多彩な商品とサービスで、投資家の資産運用をバックアップし、第三者評価機関の調査では、オンライン証券の使いやすさランキングで、第1位を獲得しています。口座開設数も増加し続けており、注目度の高いFX会社の一つです。

独自の取引システムで人気のFXオンラインジャパン

会社としての認知度は、まだそれほど高くはありませんが、スペックの良さで人気を博しているのが、FXオンラインジャパンです。

FXオンラインジャパンの取引画面は、大変見やすく作られており、必要な情報が見やすく整理されています。また、チャート画面から売買もできるようになっています(システムのダウンロードが必要です)。WEBからログインでき、さくさく注文が入る機能の良さも、トレーダー向きで人気の理由のひとつとなっています。

また、FXオンラインジャパンでは、独自の取引システムでのFX取引を、バーチャルで体験することができるデモ取引を提供しています。利用するための手続きも簡単で、利用期限もないので、納得がいくまで、優れたチャート機能でのデモ取引を体験することができます。

取扱い通貨ベアも、20種類あり、今人気の、南アフリカランドの通過取引も可能です。

手数料無料で、信託保全も備えたFXオンラインジャパンは、今後ますます人気を集めそうです。

初心者の為のFX解説

近年、「FX」という言葉をよく聞くようになりました。関心を持つ方も増えてきていることと思います。

FX(外為証拠金取引)とは、「外為取引」と「証拠金取引」がひとつになった取引のことを言います。「外為取引」とは、2カ国間の通貨を交換する外貨投資のことです。

資産運用と聞くと、一番メジャーなものとして思い浮かぶのは、株取引ではないでしょうか。

この、株式とFXとを比較する際に、一番大きな違いは、値動きです。本来、為替というものは、値動きが小さいので、基本的には、FXは株式よりも低いリスクで行うことができるものなのです。

また、FXは、他の外貨商品にはない、「売り」から入る取引を行うことができます。株でいう、信用売りと同様のイメージですが、売りから入る取引形態だと、価格が下がることで利益が出るのです。

いかなる為替相場でも利益を得られるFXは、価格が上がった場合しか利益が出ない他の外貨商品と比べ、有利な商品であるといえます。

その他のメリットとしては、FXは、外貨交換の際の手数料が、他の外貨商品に比べ、非常に低額です。円をドルに交換する場合を例に挙げると、1ドル当りの往復手数料は、外貨MMFでは1円、外貨預金では2円です。

ですが、FXでは、これが20銭になり、会社によっては無料の場合さえあります。それに、スワップポイントと呼ばれる利息を、毎日受取ることができ、複利で運用することも可能な上に、他の外貨商品よりも高いのです。

資源の大部分を輸入に頼っているため、日本では為替から受ける影響は多大です。外貨投資は、資産の分散において、とても有効な手段で、今や常識になりつつあります。外貨の資産を持つことは、とてもお勧めです。

自由に投資スタイルを選べるFXプライム

大手総合商社伊藤忠商事が100%出資して、2003年に設立された、FXプライムが、最近、安定したサービスを提供する会社として、注目を浴びています。

FXプライムの注目のポイントどこにあるのでしょうか?いくつか挙げてみたいと思います。

FXプライムは、ITILという国際基準をクリアした安定性のあるシステムで、安全な管理運用を行っています。常に安定したプライスの表示を行う、独自のシステムを持つ安定力も、人気の秘密です。また、資産の信託保全もされており、取引を行う上で、安全性がとても高く、大きな信頼を得る源となっています。

FXプライムでは、取引可能額が25,000円からと、大変少額に設定されており、資金面のハードルも低くなっています。片道2銭からという大変安い取引手数料も、うれしいポイントです。

また、1倍から40倍までのレバレッジで、8つものコースが準備されており、個々の様々な投資スタイルに合せて選ぶことができりようになっています。

注文方法も多彩で、24時間体制のサポートが完備されており、ほぼリアルタイムでいつでも取引口座に入金可能です。

このように、投資家にとって、かゆいところに手が届く、充実したサービス内容が、FXプライムの人気の理由なのではないでしょうか。

レベルに合わせてレバレッジが自由自在なライブドア証券FX

ライブドア証券FXでは、FX取引の経験のない初心者でも理解しやすい内容の、情報のメールの配信や、レポートがとても充実しています。

また、レバレッジの設定も、個々の投資スタイルや取引の知識のレベルに合せて、1倍から200倍までの範囲で、自由に設定できます。ノウハウに自信がない初心者のうちは、レバレッジを低く設定してFX取引の知識を深めていく事がおすすめです。そして、自信がついてきたら、徐々にレバレッジを高くするなどの、コントロールをするようにすると良いでしょう。

見やすい取引画面や、24時間体制の顧客サポートも投資家のあいだで好評なようです。

アメリカの有名な投資情報サービスで、ダウジョーンズというものがあります。このダウジョーンズの為替情報を、日本語版で無料提供しているのは、日本のFX会社の中で、ライブドア証券FXのみです。これも特筆すべきサービスのひとつと言えるでしょう。

また、ライブドア証券FXでは、FXサービスが、証券会社の中の一つの機能として提供されています。そういったことから、株式投資に関連した情報も得ることが可能で、FXだけでなく、株取引も行う投資家にはお勧めといえます。

ランキングを活用したFX会社選び

FX取引を始めようとするとき、どのFX会社を選ぶかということは、とても重要なことです。自分の希望する取引スタイルに合った、信頼できるFX会社を選ぶ必要があります。では、どのように選べば良いのでしょうか。

WEB上に、FX会社の、ランキングを公開しているサイトがあります。

こういったランキングサイトでは、各FX会社のいろいろな情報を得ることができます。取引時の手数料、スプレッド、取引単位、取扱い通貨ベア、レバレッジ、その他サポート体制に至るまで、様々なランキングがあります。

どのFX会社に取引口座を持つかにより、取引開始後の利益に影響が出てきます。取引でせっかく利益が生まれても、手数料が高いために、儲け率が少なくなってしまったり、損失が大きくなったりと、リスクを抱えてしまう場合もあります。

その他にも、システムのトラブルで、取引のタイミングを逃してしまったり、緊急時のサポート体制がきちんと整備されていないというのは、問題外です。

こういったトラブルを避け、有効な資産運用をするためには、充分なサポート体制を備えているFX会社を選ぶことが重要です。各種の情報ランキングを有効に活用し、納得のいくFX会社を選ぶようにしましょう。

スワップ派にオススメのFX会社 ~セントラル短資~

セントラル短資は、数あるFX会社の中でも、特にスワップ金利が高いことで知られています。

スワップ金利は、常に変動するものなので、厳密にそれぞれのFX会社を比較することは難しいといえます。しかし、一定の基準をおいて観測してみると、セントラル短資のスワップ金利は常に上位にあることが分かります。

また、取引の決済をしなくても、スワップ金利を口座から引出すことができるため、銀行の金利のようなイメージでもあるのが、スワップ派の人気を得ています。

セントラル短資は、スワップ金利において、最大のレートを提供していることから、FXで中期程度の運用をしたい投資家には、とてもよいFX会社であるといえるでしょう。

スワップ投資をメインに取引を行うような場合には、短期的な売買よりも、中長期的な保有が前提となるので、手数料もあまり考える必要がありません。

スプレッドの高さがセントラル短資の最大の魅力でもあり、高い信用力も人気の的となっているのです。

ゲーム感覚で取引を学べるバーチャルFX

FX(外国為替保証金取引)に関心のある方は、最近、とても多いのではないかと思います。しかし、いきなり口座を開設して、実際に取引するとなると、経験がなくては、やはり不安があるでしょう。

FXだけでなく、株取引にしても、何にしても、知識なくして、利益を望むことは難しいのです。

そんなFX初心者の方にお勧めなのが、バーチャルFXです。バーチャルFXとは、擬似的にFX取引を体験できるシステムです。現在、各FX取扱い会社で提供されています。

バーチャルFXは、メールアドレスさえ持っていれば、簡単に申込むことができ、すぐに取引を始められます。また、年齢制限もなく、未成年でも参加できます。

パソコンだけでなく、携帯電話やPDAなどにも対応しており、24時間取引をすることができます。ランキング方式で、上位に入賞すると賞品がもらえるようなサービスもあり、楽しくFXの知識を学ぶことができます。

仕組みは、正式なトレードシステムと全く同様です。架空の資金を使い、証拠金の保全、リスクマネージメント、レバレッジなど、FXに必要な基本的な知識を身につけていくことができます。バーチャル取引を開始する資金は、500万程度からとしている会社が多いようです。

知識は頭に入れたつもりでも、いざ実際に始めてみると、なかなか感覚がつかめないということもよくあります。バーチャルFXで、FX取引のノウハウを楽しく覚えてから、本番に臨むのは、とてもおすすめな方法です。

オリックスFX

FX取引の経験が少なからずある方であれば、老舗のオリックスFXを知らないという方は、いらっしゃらないでしょう。

オリックスFXは、初心者向きにうまく商品をピックアップしているところが特徴といえます。また、他社と比べて、片道2銭と手数料が安く、スプレッドにおいては、3銭というのも魅力的です。

取引の種類の幅も広く、その上すっきりとまとめられているので、希望の取引を探すのに、迷うということがありません。取引の判断に重要な、為替チャートも大変見やすく、投資家の間ではツールも使いやすいと評判で、人気の的になっています。

取扱う通貨ベアに関しては、他社と比べて数が多いというわけではありませんが、内容的には、評判の高い通貨が採用されており、充実しています。信託保全も完備されており、ユーザーが大きな安心感を得られるFX会社と言えるのではないでしょうか。

老舗ならではの経験に裏打ちされたサービスとサポートが提供されているオリックスFXは、きっと投資家に、満足な取引状況を提供してくれることでしょう。

インフィニティFX

日産のインフィニティ (INFINITI)というブランドをご存知でしょうか?インフィニティ (INFINITI)は、日産自動車が展開する高級車ブランドで、アメリカ、カナダ、韓国、台湾等が主な輸出先です。

このインフィニティ (INFINITI)のクロスオーバーSUVで注目を集めるのが、インフィニティFXです。インフィニティFXは、20インチの大径ホイールが標準装備されているなど、今までのSUVにはなかったアグレッシブなデサインが、高い評価を得ています。

日本を始め、左側通行の国には、右ハンドルの仕様がないため、インフィニティFXは販売されていません。しかし、最近では、アメリカから並行輸入業者が逆輸入するパターンが増えたことから、日本でもインフィニティFXを見る機会が増えてきました。

各主要都市で開催される、オートサロンのようなカスタマカーの展示会などで披露されることも多いようです。

インフィニティFXは、2007年11月に、日産ブランドとして、日本に左ハンドル車として導入されることが予定されています。そうなると、これからは、これまで以上に、街でインフィニティFXが走る姿を見ることが増えるでしょう。

アクロスFX

昔からよく知られている投資法の株取引に比べ、新しい投資法として、FXが注目されています。それに伴い、新しく誕生するFX取扱い会社も数多くあります。

2005年に設立された、アクロスFXもそのひとつです。FX投資家の間で、このアクロスFXは人気がありますが、その人気の秘密は、どこにあるのでしょうか。

まず始めに、挙げられることは、低価格ということでしょう。アクロスFXでは、中堅のFX会社と比べても、同等か、それ以下の手数料を実現しています。デイトレの手数料においては無料です。口座維持費も無料で、投資資金も少なく始められるようになっています。

また、FX初心者には嬉しい、FX取引に関するWEB対応の無料セミナーを開催したり、ポイントサービスがあったりと、多彩なサービスが提供されています。

その他にも新規・決済注文が同時に出せるIFD注文など、注文方式も多様です。また、携帯での取引も可能である等、ユーザー側に立ったサービスを実現しています。

常に安定した取引環境と取引レートの良さには定評があり、安心な取引を行うことができるのも大きなポイントと言えるでしょう。新規参入企業でありながら、充実したサービスやサポートを徹底していることから、人気を得たことも、充分に納得できます。

アービトラージFX

FXにおいて、アービトラージを使って、物理的に利益を得る方法があります。「アービトラージ」とは、いったい何でしょうか?

アービトラージとは、裁定取引のことで、価格や金利の差を利用した売買を行い、利益を得る取引方法です。FXトレードにおいて、ある勝てるパターンのルールがあれば、それに沿ったトレード法によって利益を上げることができます。

経済指標カレンダーにおいて、為替チャートの変動のタイミングを、事前に把握し、確実に利益が出ることを確認し、瞬時に注文を入れ、利益を得ます。注文ボタンを押す前に利益が出るか確認するという、裏技のような、技術的な方法が、アービトラージFXの投資法です。

取引レートの時間差によって発生する、確実に利益が出るアービトラージを注文し、すぐに決済することにより、リスクのない安全な投資が行えるのです。また、FX初心者でも、基本的な知識程度で実行可能な、再現性の高いノウハウと言えるでしょう。

そうはいっても、アービトラージFXを実践するためには、一瞬の値動きに反応する、タイミングに慣れることが必要です。デモトレードが行えるようになっているので、慣れるまで、充分に練習をしてから実践すると良いでしょう。

FX入門 ~FXって何?~

最近人気の「FX」とは、何のことでしょうか?書店などにも、初心者向けの入門書が、たくさん並べられているのを目にします。

FXとは、外国為替(Foreign Exchange)の略で、一般的には、外国為替証拠金取引のことをいいます。外国為替保証金取引とは、保証金を担保として、その何倍もの取引単位で、外国為替の売買を行うことができる金融商品のことです。

ひとことで言うならば、外国の通貨を売買する取引のことで、その流通性や安定性から、株よりもリスクが少ないことで話題になっている投資スタイルです。

では、外貨預金とFX(外国為替保証金取引)との違いはどこにあるのでしょうか。ドルやユーロなど、日本円以外の通貨でする預金のことを、外貨預金といいます。外貨定期預金は、国内外の金利情勢にもよりますが、円預金に比べ金利が高く、為替差益が得られるなどの利点があります。

その反面、元本保証が円ベースではされず、為替差損の可能性があるというリスクもあります。損失を出さないためには、メリットとデメリットをきちんと把握してから、利用することが重要です。

外貨預金に対して、FX(外国為替証拠金取引)には、レバレッジを利用することができるという特徴があります。レバレッジが10倍の場合、10万円の保証金で1000万円の運用が可能なので、ハイリスクでハイリターンな取引法であるとも言えます。

FXで投資を始めるときには、わかりやすい入門書や、詳しく説明されたサイトなどで、仕組みをよく理解した上で実行に移しましょう。

FX手数料について

FX(外国為替保証金取引)において、売買をする場合、取引に応じて、手数料がかかります。現在、この手数料について、各FX会社では、値下げ競争が繰り広げられています。

本来、FX取引の手数料は、銀行での外貨預金に比べ、格段に安いのですが、最近では、手数料無料という会社もあり、さらに安さに拍車がかかっています。手数料が低く抑えられていることによって、個人投資家も、同日に数回の売買が可能な状況が実現できているのです。

銀行の外貨預金も、FXも、基本的には、手数料がかかります。しかし、それぞれの手数料の金額を比べると、大変大きな差があります。

外貨預金の場合、銀行が顧客に外貨を売る額(TTS)とは逆に、銀行が顧客から外貨を買う額(TTB)は、為替相場と同一になっておらず、この差額が手数料になります。取扱う状況や外貨の種類にもよりますが、数銭~数円の手数料が上乗せされているのです。

一方、FXの場合、取扱いの状況や外貨の種類によって変わるということは同様ですが、それでもTTSとTTBの差が20銭程度です。

銀行の外貨預金と単純に比較してみると、FXの手数料は10分の1ほどということが分かります。実際の取扱い機関のTTSとTTBを確認してみると、どれだけFXの手数料が安いかということが、はっきり理解できるでしょう。

FX取引のメリット

FX取引が、個人投資家の間で、注目され始めています。このFX取引には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

FX取引は、レバレッジを上手く活用し、コントロールすることで、大きな利益を生むことができる取引方法です。つまり、少ない元手を証拠金として、多くの外貨の売買をしたい人には、とてもよい取引のシステムなのです。

また、株取引とは異なり、FXでは、取引法によって円高、円安のどちらでも利益が発生します。
市場の状況によって、あらゆる工夫をし、よりリスクを少なく儲ける方法を編み出すことができるでしょう。

資産を多く所持する人ほど、その全てを円や株で持つことは、資源の少ない日本においては、ハイリスクであるともいえます。各国の通貨を持つことで、資産をリスクヘッジして分散させることは、とても有効な方法でしょう。

また、FX取引は、24時間いつでも売買をすることが可能という特徴があります。つまり、日中は仕事を持つサラリーマンのような方でも、出勤前の早朝や帰宅後などの空いた時間を使って、取引を行うことができるのです。

こういったところが、人気を集める秘密になっているのではないでしょうか。

FX確定申告について

FXで、ある程度の利益を生むことができるようになってくると、確定申告の必要が出てきます。

FXの確定申告には規定があり、利益が20万円以上出た場合に、申告が必要となります。FXを始めたばかりの方で、会社での年末調整しか経験のない方には、自分で確定申告をするということは、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、確定申告をしないことにより、後になって重加算税の対象となってしまうこともあります。そうならない為にも、しっかり申告するようにしましょう。

先程、20万円以上の利益といいましたが、これは、FX取引をするために必要となった経費を差引いた後の、純利益の金額です。取引に必要となった資料や通話料金、インターネット接続料金やセミナー、講習会の受講料、新聞代等は、経費と認められれば課税の対象にならないのです。領収書はフルネームで書いてもらい、こまめに保管するようにしましょう。

また、申告期日前になってから、慌てて整理し、申告漏れをすることのないように、事前に月毎にまとめるなどして、整理しておくと良いでしょう。

FXの確定申告の細かい規定、申告法、税率等は、詳しくまとめた内容を公開してくれているサイトがあります。申告の仕方をよく知らずにいると、大変な損をしてしまうことがあります。

後々困らないためにも、きちんと確認しておきましょう。

FX会社の投資セミナーで知識を身につける

各FX会社が提供する、初心者向けのサービスとしては、バーチャルFXがよく知られています。また、バーチャルFXの他にも、無料の投資セミナーを開催しているFX会社もあります。

その中のいくつかを、ここでご紹介します。

ひまわり証券では、平日は毎日、無料のWEBセミナーを開講しています。また、東京や大阪で開催される大型のセミナーもあるようです。機会があれば、参加されてみてはいかがでしょうか。

また、ジェイ・エヌ・エスでは、定期的に為替セミナーが開催されています。海外の有名投資家を招いた、特別セミナーが行われることもあります。

トレイダーズ証券でも、無料のトレイダーズWEBセミナーを開講しています。その内容は、注文の出し方から投資戦略にまで及び、初心者はもちろん、熟練者にも役立つ内容になっているようです。

三喜商事やアクロスFXでも、初心者から上級者までをカバーする内容のセミナーが、週毎や月毎に開催されています。

サイバーエージェントFXのセミナーは、女性講師による丁寧な内容で、初心者の方にも、とてもわかりやすいと評判です。また、セミナー参加者が口座開設をした場合には、商品をプレゼントするサービスもあるようです。

このように、各FX会社により、さまざまなセミナーを受講することが可能です。FXや投資に関心がある方は、まずは、この無料セミナーを活用して学ぶこともおすすめです。

FX 何で選びますか?~いろいろ比較~

FXは、外貨預金と比べ、同等のリスクで投資を低コストで行うことが可能です。そのため、FXを始める人が、増えてきています。

FXを始めるとき、多くのFXの取扱い会社の中から、何を優先させて、選べば良いのでしょうか?いくつかの側面から比較検討してみましょう。

まず、選択の重要なポイントとして、手数料は、やはりどうしても無視することができないところではないでしょうか。

FX取扱い会社の中には、マネーパートナーズやゆたかFXなど、手数料が無料の会社もあります。各通貨のスプレッドやスワップで比較し、最小限のコストで取引を行うことができる会社を選ぶのがよいと思います。

手数料が無料でなくても、少しでも安く抑えられるのは嬉しいことですが、その場合には、安い理由が何かしらあるはずです。預かり資産が信託保全されているかどうかを、きちんと確かめることも、安全な取引を行う上で大変重要です。

手数料以上に、最も大切なことは、安全性です。資産の信託保全はもちろんのこと、自己資本規制比率も併せて、きちんとチェックし、比較検討することが大切です。自己資本規制比率は、金融先物取引法により、120%を下回ってはならないという規定があります。

その他の比較ポイントとしては、長期的な保有を考えるのであれば、スワップポイントは、長期投資を行なう上では、欠かせないものです。また、リスクを抑えることを考えるのであれば、複数の通貨に資産を分散させることができるよう、取引可能な通貨ベアが多い会社を選ぶべきでしょう。

様々なポイントから、各FX会社を比較し、自分が目的とする取引スタイルに合った会社を選ぶようにしましょう。

FXはレバレッジのコントロールが重要

FX取引でよく聞く、「レバレッジ」とは何なのでしょうか。レバレッジとは、直訳すれば、「てこの原理」を意味します。

FXでは、少ない資金(証拠金)を元手として、大きく運用し、利益を生み出すことから、この言葉を使います。

わかりやすく、数字の例を挙げてみます。

例えば、1ドルが110円のときに、5,000ドルを買うことにしたとします。5,000ドルを1ドル110円で買うためには、どれだけの資金が必用になるでしょうか?

普通なら、 1ドル110円×5,000ドル=550,000円 となります。

しかし、レバレッジを利用すると、本来なら550,000円が必要なものを、それよりも少ない資金で買うことができてしまいます。

5,000ドルを、レバレッジを利用することで、55,000円の資金(証拠金)で買うとすると、少ない資金から、その10倍もの額の運用ができてしまうことになります。

この証拠金が、FX取引で、実際に動くお金となり、万が一損失が発生した場合には、この証拠金で賄う結果となります。

証拠金とは、FX取引を行う上での投下資金ですが、FXでは、株式投資のように、投資に必要な総代金を用意する必要はありません。必要な総代金の、数%~数十%の担保金を投下することで、運用が可能なのです。

また、買ったドルをすぐに売りに出さず、長期保有した場合は、保有している間に、スワップ金利が発生します。万が一、予想と逆の方向に進み、損失が出ても、スワップ金利を得ていれば、損失が少なくてすみます。

状況に応じ、レバレッジをコントロールし、スワップ金利とうまく絡めることで、大きな利益を得たり、リスクを低く抑えたりすることが可能なのです。

FXのメリットとなるスワップ金利

FX取引には「スワップ金利」というものがあります。スワップ金利とは、FX取引において、低い金利の通貨で高い金利の通貨を買うことによって生じる差額分の金利のことをいいます。

スワップ金利のうれしいところは、毎日受取ることができるということです。場合によっては、日本の銀行で、1年間定期預金に預けたの等しい金利を、1日で受取ることも可能です。これは、金融機関の低金利化が進む今の時代には、かなり魅力的なメリットです。

このようなうれしい面のあるスワップ金利ですが、その逆に、注意すべき点もあります。高い金利の通貨で、低い金利の通貨を買うと、その差額分の金利を支払わなければいけなくなります。これを支払うことを、スワップ(マイナススワップ)といい、注意が必要です。

FX市場の動向の読みが外れて、為替差損にまで損失が出ることになれば、二重の打撃になってしまいます。マイナススワップは、極力持つことを避けるようにした方が、無難でしょう。

FXに自動売買システムを取入れリスクを減らす

現代社会では、あらゆるシーンにおいて、自動化の波が押し寄せています。投資の世界も例外ではなく、FX取引にも、自動売買のシステムが存在します。

FXの自動売買は、買い時や売り時、また市場がどう動いていくのかを予測を立て、それに沿って注文をする取引の方法です。

株取引には、市場が動く時間があらかじめ決められていますが、FXの市場は、24時間相場の動向があります。つまり、いつ、何時、狙ったタイミングが訪れるか、わからないということです。

こういった場合には、自動売買のシステムを用いて、希望の取引条件の設定をしておけば、チャンスを逃すことを避けられます。自動売買のシステムを取入れることにより、寝ていても、日中、仕事で市場をチェックできなくても大丈夫です。これは、大きなメリットと言えるでしょう。

各取扱い会社により、提供されている自動売買の機能は多様です。FXで自動売買を行う場合には、自分の希望の売買条件に合う機能があるかどうかについてや、充実度などを、事前によく確かめてから、取扱い会社を選ぶことが大切です。

FXと税金

FX取引で得た利益と税金は、どのような仕組みになっているのでしょうか。FXで利益が出ていても、確定申告の必要がない場合があります。

収入が2,000万円以下で、なおかつ、給与所得及び退職所得を除いた所得の合計が、20万円以下であるような場合は、確定申告は不要です。その際、為替差損が出ているような場合は、他の副収入等と通算して、雑所得とすることができます。

しかし、雑所得以外の所得(給与等)と通算することはできませんので、注意が必要です。また、利子に当たるスワップ金利も、雑所得となりますので、忘れずに通算して申告するようにしましょう。

FX取引により、多くの利益が出ることは喜ばしい限りですが、税金面では、嬉しくない仕組みになっているのです。FXに適用される総合課税は、所得が大きくなるほど税金が高くなるという特徴を持っているからです。

例えば、株と比較した場合、株の利益に対する税金は10%です。これが、FXでの利益になると、50%もの税金がかかります。

総合課税というものは、お金持ちに対しては、稼ぐほどその儲けが仇になるという、厳しい仕組みになっているのです。

FXトレードの情報商材について

近年、FXトレードの注目度がアップしていることにより、FXトレードの情報商材も、多く販売されるようになってきました。

株と比べると、FXは、まだまだメジャーな投資法にはなっていません。つまりは、FXでの利益の出し方を説くFXの情報商材も、やはりマイナーといえますが、販売されているものを見ると、どれも安価ではありません。

そんなFXの情報商材について、少し考えてみたいと思います。

情報商材と一口にいっても、あらゆる種類があります。デイトレードなどのFXの投資スタイルを取入れているもの、有料会員制でコンサルタントのような形式になっているもの等もあります。システムトレードに特化した商材もあれば、FXの分析をしたもの、スワップポイントに焦点を当て、利益を生み出すかたちのノウハウなどもあります。本当に多種多様なバリエーションの情報商材が存在しています。

これだけ、FXという投資法について、多様な情報商材が販売されているということは、FXトレード自体に、広がりが出ていることに起因するとも考えられます。あらゆる投資スタイルに合わせて、様々な情報商材があるという、良い見方もできますが、悪く見れば、情報商材があふれ過ぎている状況であるともいえます。

販売されている情報商材の全てが、優良なノウハウだということは、決して言えません。たとえ優良であっても、そのスタイルが自分に合わなければ、その人にとっては、有益なものとは言えません。

FXの情報商材を購入することは、知識を得るという意味では良いことだと思います。しかし、必ずしもその情報商材が購入した人に対し、利益をもたらすことを約束するものではないということを明確に認識しておく必要があるのではないでしょうか。

FXに関する節税対策

FXを始めてから、利益が出始めると、嬉しい反面、喜んでばかりはいられない問題が出てきます。それは「税金」の問題です。

FXは、大きく儲けるほど、税金が重くのしかかる仕組みになっています。多くの方は、利益が出始めてから、税金対策を考え始めます。しかし、最初から税金のことを念頭におき、うまく節税対策をすることが大切です。

FXで得た利益は、雑所得に区分され、年間20万円までは申告義務がありません。

スワップ投資をしている方は、毎年スワップ金利で利益が出ます。申告不要枠の20万円を利用するかどうかで、支払う税金の額が異なってきます。この20万円の枠を活かすことで、税率によって、4万円~6万円の節税ができるので、ぜひとも活用したいものです。

通常のFX会社では、何年もスワップ金利が貯まっていき、決済しない限りは、雑所得になりません。決済しない年はいいのですが、決済した年には、数年分のスワップ金利に対し、まとめて課税されることになってしまいます。

例えば、年に20万円のスワップ金利が発生する場合、2年分をまとめて決済するとします。結果、40万円の20%の8万円が税金になります。これを20万円ずつ、2回に分けられれば、申告不要となり、税金はかからないということになります。そんな方法があるでしょうか?

実は方法があるのです。決済をしなくても、スワップ金利を受取れる、セントラル短資のようなFX会社を利用すれば、可能です。毎日スワップ金利が口座に入金され、引出しも自由なため、決済の必要がありません。

そのため、申告不要枠を使うことが可能になるのです。こういった、FX会社のいろいろな特徴を活かし、せっかくの利益を少しでも多く残すことができるように、知識を深めることも大切です。

FXで投資を始める際の心得

FX取引での投資を始めてみようと考える方は多いと思いますが、予備知識などの準備は万端でしょうか?

ここで、FXで投資を始める際の心得について、おさらいしてみましょう。

FXでの投資に限らず、株での投資にしても何にしても、投資の基となる資金は、あなたの大切な資産です。したがって、これは言うまでもないことですが、最低限の心得として、「安く買って高く売る」ことは、当然の大前提です。

また、1つの外貨のみに投資せず、複数の外貨で取引をするようにして、もしもの時のための損失を、極力抑えるように、分散投資を心掛けましょう。慣れない始めのうちから大きな勝負には出ず、まずは、少ない資金から、レバレッジも低く設定して、売買するようにした方が良いと思います。

また、いきなり投資を始めるのが不安な方には、バーチャルFXで、基本的なFX投資の知識を学んでから始めるという手段もあります。

また、可能であれば、投資には、生活資金ではなく、余裕資金を使うように心がけましょう。余裕資金であっても、大胆に投資はせず、1割、2割程度から始めることです。そうすることで、精神的にも、余裕を持った運用からスタートすることができます。

そして、欲を出し過ぎず、売りに出す額を、あらかじめ決めておくなどした方が、タイミングを逃して失敗することが少ないようです。

大切な資産を無くして痛い目に遭わないよう、堅実な投資を心掛け、コツコツと利益を増やす方法を身につけることが、第一歩でしょう。

FXデイトレード実践の注意点

FX取引において、新規注文と決済までを、一日のうちに行う取引スタイルを、デイトレードといいます。デイトレードは、最大24時間という短時間の売買で、利益を狙います。

デイトレードでは、為替レートの動きをマメに追っていく必要があるため、時間に余裕のある人に向いている取引のスタイルです。通常の取引よりも手数料が安いことから、FXでは、デイトレードは、人気のある取引スタイルとなっているようです。

FXでは、少額の元手で大金を売買できるので、わずかな値動きでも大きな利益を得ることができます。つまり、1日の変動が激しい、豪ドル、ポンド、ユーロ、ドルといった通貨ベアが向いているといえます。デイトレードでFXを実践する場合は、そういった通貨ベアを扱う会社を選ぶ必要があります。

デイトレードで勝つ秘訣は、一度に大きな利益を望まず、コツコツと儲ける方が良いと言われています。少なくとも、6割を越す勝率を達成できなければ、充分な利益は生まれないでしょう。

最新の情報からデータを分析し、素早い判断をする能力も要求されます。しかし、近年は、オンライン取引が簡単に始められるようになったことや、手数料の安さも起因して、安易にデイトレードを始める投資家が増加しているようです。

様々な取引スタイルを試してみるのもひとつの方法ですが、それぞれの基本や特性などもよく理解して実践することがとても大切です。

FXチャートの見方

FXだけに限らず、株も為替も同様ですが、投資のように、先がはっきりと見えないものは、何かを指標とする方が良いケースが多くあります。

基本的には、安いものを買い、高くなれば売りに出すということですが、指標になるものがあれば、より良い売買ができると言えます。売買には、何を指標とすれば、一番良いのでしょうか。

FXトレードの指標となる、チャートについて、ご説明したいと思います。

チャートには、様々な種類があります。日々の値動きを表すもの(日足チャート)や、週の値動きを表すもの(週足チャート)、また、5分単位での値動きを表すもの(5分足チャート)などです。自分の投資スタイル、期間に合ったチャートを、上手に見ることが大切です。

チャートを見て、FXトレードをするに当たり、注意しなければならないことは、決して、チャートの値動きだけを、判断の全てとはしないということです。

ときには、大きな問題が発生したりして、チャートを無視した動向が起こる場合があるからです。チャートはあくまでも指標として、売買の判断をする上での参考と考えるのが良いでしょう。

FXシステムトレードの魅力と問題点

FXシステムトレードとは、機械的なルールに沿って売買することを、繰返し行なうトレード方法です。FXシスレムトレードの魅力と問題点について、まとめてみます。

FXシステムトレードを行うためには、過去のデータを分析し、有効な手法を探していくことが必要です。しかし、一旦出来上ってしまえば、システム通りに売買するだけなので、手間が省けます。

過去のデータにより割出された、一定のルールで行うので、理論上は、熟練したトレーダーと同様の成果を得ることができるようになることを意味します。しかも、人の手を介さないので、誰もが実践できると言えます。

また、過去のデータから、利益や損失なども予測可能で、それほどストレスを感じずに、運用することができます。システムのルールに従って、銘柄を選び、売買をすれば良いだけなので、一日中、パソコンの前にいる必要もなく、時間がなくても実践できます。

では、反対に、Xシステムトレードの、問題となる点は何なのでしょうか。

FXシステムトレードは、プログラムなので、万が一、システム上問題がある場合にも、機械的に売買を続けてしまうという恐れがあります。それに気付かずにいると、思わぬ大きなダメージを受ける場合があります。

また、プログラムの知識がないと、そういった問題が起きた場合に、対処できないという危険性もあります。プログラムを組むのにも、ただプログラムの知識があるというだけで、FXの知識がないプログラマーが組んでも、実用的なものができていない可能性もあります。

便利さと問題点とをしっかりと理解し、上手く取入れていくことが必要と言えそうです。

FXオンライントレードをゲームで楽しむ

FX会社で、オンライントレードのシステムを提供している会社は多数あります。その中で、シミュレーションゲームとして、FXのオンライントレードを楽しむことができるサービスがあるのを、ご存知でしょうか?

ヒューチャーズダイレクトで知られる、豊商事の関連会社に、人気のオンラインゴルフゲーム「スカッとゴルフパンヤ」を提供するアエリアがあります。この豊商事とアエリアが、共同で、外為シミュレーションゲームサイト、「FXカフェ」を開設しました。

FXカフェは、無料の会員登録のみで、FX(外国為替証拠金取引)を楽しめる、シミュレーションゲームです。豊商事が提供している「e-kawase」のオンライントレードシステムを利用しており、まさに本番さながらの取引環境を体験できるというわけです。

各FX会社のバーチャルFXも、多種多様に趣向を凝らしていますが、こんなシミュレーションゲムで、オンライントレードを楽しく行なうのもいいかと思います。

FX(外国為替証拠金取引)のリスク

FX(外国為替証拠金取引)が、最近とても注目を集めています。しかし、FXのメリットばかりではなく、リスクやデメリットも正しく知る必要があります。

雑誌や書籍などでよく目にする記事は、「FX(外国為替証拠金取引)はリスクが大きいことがデメリットだ」という内容のものです。これは、FX(外国為替証拠金取引)がレバレッジ取引であることによるのでしょう。しかし、預ける証拠金の額で、レバレッジを調節すれば、自分の許容範囲内のリスクにコントロールすることが可能です。

知識をしっかりと身につけることで、このようなダメージは、防ぐことができるのです。

その他に、FX(外国為替証拠金取引)にかかるリスクとしては、どんなものがあるでしょうか。

全ての金融商品に必ず伴うのが、為替リスクです。為替リスクとは、為替の変動により、為替差益が発生する可能性があると同時に、元本割れする危険性もあるということです。

次に信用リスクという問題があります。

FX会社を選ぶ際に、全く無名の業者を選ぶようなことは、リスクを伴うことです。
法整備の遅れで、FX会社から証拠金を引出すことができないという問題も、以前はあったようです。そのため、取引業者の信用リスクは強く叫ばれますが、これは業者の淘汰が進んだことにより、現在は、かなり軽減されています。

そして、もう一つが、ネット取引に必ずつきものの、システムリスクです。大きくレバレッジをかけていたり、デイトレードのように短時間で売買をするような取引の場合、システムリスクは特に深刻な問題です。システムのトラブルにより、こういった取引が受けるダメージは大変大きく、危険なものとなるからです。

このようなリスクを少しでも抑えるためには、分散投資を心掛けるようにしておくのが懸命であると言えます。

About FX

ブログ「WEB大百科」のカテゴリ「FX」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリはFX 初心者です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35