« 自由に投資スタイルを選べるFXプライム | メイン | 独自の取引システムで人気のFXオンラインジャパン »

初心者の為のFX解説

近年、「FX」という言葉をよく聞くようになりました。関心を持つ方も増えてきていることと思います。

FX(外為証拠金取引)とは、「外為取引」と「証拠金取引」がひとつになった取引のことを言います。「外為取引」とは、2カ国間の通貨を交換する外貨投資のことです。

資産運用と聞くと、一番メジャーなものとして思い浮かぶのは、株取引ではないでしょうか。

この、株式とFXとを比較する際に、一番大きな違いは、値動きです。本来、為替というものは、値動きが小さいので、基本的には、FXは株式よりも低いリスクで行うことができるものなのです。

また、FXは、他の外貨商品にはない、「売り」から入る取引を行うことができます。株でいう、信用売りと同様のイメージですが、売りから入る取引形態だと、価格が下がることで利益が出るのです。

いかなる為替相場でも利益を得られるFXは、価格が上がった場合しか利益が出ない他の外貨商品と比べ、有利な商品であるといえます。

その他のメリットとしては、FXは、外貨交換の際の手数料が、他の外貨商品に比べ、非常に低額です。円をドルに交換する場合を例に挙げると、1ドル当りの往復手数料は、外貨MMFでは1円、外貨預金では2円です。

ですが、FXでは、これが20銭になり、会社によっては無料の場合さえあります。それに、スワップポイントと呼ばれる利息を、毎日受取ることができ、複利で運用することも可能な上に、他の外貨商品よりも高いのです。

資源の大部分を輸入に頼っているため、日本では為替から受ける影響は多大です。外貨投資は、資産の分散において、とても有効な手段で、今や常識になりつつあります。外貨の資産を持つことは、とてもお勧めです。

About

2008年03月27日 07:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自由に投資スタイルを選べるFXプライム」です。

次の投稿は「独自の取引システムで人気のFXオンラインジャパン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35