« FX手数料について | メイン | アービトラージFX »

FX入門 ~FXって何?~

最近人気の「FX」とは、何のことでしょうか?書店などにも、初心者向けの入門書が、たくさん並べられているのを目にします。

FXとは、外国為替(Foreign Exchange)の略で、一般的には、外国為替証拠金取引のことをいいます。外国為替保証金取引とは、保証金を担保として、その何倍もの取引単位で、外国為替の売買を行うことができる金融商品のことです。

ひとことで言うならば、外国の通貨を売買する取引のことで、その流通性や安定性から、株よりもリスクが少ないことで話題になっている投資スタイルです。

では、外貨預金とFX(外国為替保証金取引)との違いはどこにあるのでしょうか。ドルやユーロなど、日本円以外の通貨でする預金のことを、外貨預金といいます。外貨定期預金は、国内外の金利情勢にもよりますが、円預金に比べ金利が高く、為替差益が得られるなどの利点があります。

その反面、元本保証が円ベースではされず、為替差損の可能性があるというリスクもあります。損失を出さないためには、メリットとデメリットをきちんと把握してから、利用することが重要です。

外貨預金に対して、FX(外国為替証拠金取引)には、レバレッジを利用することができるという特徴があります。レバレッジが10倍の場合、10万円の保証金で1000万円の運用が可能なので、ハイリスクでハイリターンな取引法であるとも言えます。

FXで投資を始めるときには、わかりやすい入門書や、詳しく説明されたサイトなどで、仕組みをよく理解した上で実行に移しましょう。

About

2008年03月27日 07:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FX手数料について」です。

次の投稿は「アービトラージFX」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35