« FX取引のメリット | メイン | FX入門 ~FXって何?~ »

FX手数料について

FX(外国為替保証金取引)において、売買をする場合、取引に応じて、手数料がかかります。現在、この手数料について、各FX会社では、値下げ競争が繰り広げられています。

本来、FX取引の手数料は、銀行での外貨預金に比べ、格段に安いのですが、最近では、手数料無料という会社もあり、さらに安さに拍車がかかっています。手数料が低く抑えられていることによって、個人投資家も、同日に数回の売買が可能な状況が実現できているのです。

銀行の外貨預金も、FXも、基本的には、手数料がかかります。しかし、それぞれの手数料の金額を比べると、大変大きな差があります。

外貨預金の場合、銀行が顧客に外貨を売る額(TTS)とは逆に、銀行が顧客から外貨を買う額(TTB)は、為替相場と同一になっておらず、この差額が手数料になります。取扱う状況や外貨の種類にもよりますが、数銭~数円の手数料が上乗せされているのです。

一方、FXの場合、取扱いの状況や外貨の種類によって変わるということは同様ですが、それでもTTSとTTBの差が20銭程度です。

銀行の外貨預金と単純に比較してみると、FXの手数料は10分の1ほどということが分かります。実際の取扱い機関のTTSとTTBを確認してみると、どれだけFXの手数料が安いかということが、はっきり理解できるでしょう。

About

2008年03月27日 07:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FX取引のメリット」です。

次の投稿は「FX入門 ~FXって何?~」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35