« FXトレードの情報商材について | メイン | FXに自動売買システムを取入れリスクを減らす »

FXと税金

FX取引で得た利益と税金は、どのような仕組みになっているのでしょうか。FXで利益が出ていても、確定申告の必要がない場合があります。

収入が2,000万円以下で、なおかつ、給与所得及び退職所得を除いた所得の合計が、20万円以下であるような場合は、確定申告は不要です。その際、為替差損が出ているような場合は、他の副収入等と通算して、雑所得とすることができます。

しかし、雑所得以外の所得(給与等)と通算することはできませんので、注意が必要です。また、利子に当たるスワップ金利も、雑所得となりますので、忘れずに通算して申告するようにしましょう。

FX取引により、多くの利益が出ることは喜ばしい限りですが、税金面では、嬉しくない仕組みになっているのです。FXに適用される総合課税は、所得が大きくなるほど税金が高くなるという特徴を持っているからです。

例えば、株と比較した場合、株の利益に対する税金は10%です。これが、FXでの利益になると、50%もの税金がかかります。

総合課税というものは、お金持ちに対しては、稼ぐほどその儲けが仇になるという、厳しい仕組みになっているのです。

About

2008年03月27日 07:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FXトレードの情報商材について」です。

次の投稿は「FXに自動売買システムを取入れリスクを減らす」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35