« FXで投資を始める際の心得 | メイン | FXトレードの情報商材について »

FXに関する節税対策

FXを始めてから、利益が出始めると、嬉しい反面、喜んでばかりはいられない問題が出てきます。それは「税金」の問題です。

FXは、大きく儲けるほど、税金が重くのしかかる仕組みになっています。多くの方は、利益が出始めてから、税金対策を考え始めます。しかし、最初から税金のことを念頭におき、うまく節税対策をすることが大切です。

FXで得た利益は、雑所得に区分され、年間20万円までは申告義務がありません。

スワップ投資をしている方は、毎年スワップ金利で利益が出ます。申告不要枠の20万円を利用するかどうかで、支払う税金の額が異なってきます。この20万円の枠を活かすことで、税率によって、4万円~6万円の節税ができるので、ぜひとも活用したいものです。

通常のFX会社では、何年もスワップ金利が貯まっていき、決済しない限りは、雑所得になりません。決済しない年はいいのですが、決済した年には、数年分のスワップ金利に対し、まとめて課税されることになってしまいます。

例えば、年に20万円のスワップ金利が発生する場合、2年分をまとめて決済するとします。結果、40万円の20%の8万円が税金になります。これを20万円ずつ、2回に分けられれば、申告不要となり、税金はかからないということになります。そんな方法があるでしょうか?

実は方法があるのです。決済をしなくても、スワップ金利を受取れる、セントラル短資のようなFX会社を利用すれば、可能です。毎日スワップ金利が口座に入金され、引出しも自由なため、決済の必要がありません。

そのため、申告不要枠を使うことが可能になるのです。こういった、FX会社のいろいろな特徴を活かし、せっかくの利益を少しでも多く残すことができるように、知識を深めることも大切です。

About

2008年03月27日 07:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FXで投資を始める際の心得」です。

次の投稿は「FXトレードの情報商材について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35