« FXシステムトレードの魅力と問題点 | メイン | FXデイトレード実践の注意点 »

FXチャートの見方

FXだけに限らず、株も為替も同様ですが、投資のように、先がはっきりと見えないものは、何かを指標とする方が良いケースが多くあります。

基本的には、安いものを買い、高くなれば売りに出すということですが、指標になるものがあれば、より良い売買ができると言えます。売買には、何を指標とすれば、一番良いのでしょうか。

FXトレードの指標となる、チャートについて、ご説明したいと思います。

チャートには、様々な種類があります。日々の値動きを表すもの(日足チャート)や、週の値動きを表すもの(週足チャート)、また、5分単位での値動きを表すもの(5分足チャート)などです。自分の投資スタイル、期間に合ったチャートを、上手に見ることが大切です。

チャートを見て、FXトレードをするに当たり、注意しなければならないことは、決して、チャートの値動きだけを、判断の全てとはしないということです。

ときには、大きな問題が発生したりして、チャートを無視した動向が起こる場合があるからです。チャートはあくまでも指標として、売買の判断をする上での参考と考えるのが良いでしょう。

About

2008年03月27日 07:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FXシステムトレードの魅力と問題点」です。

次の投稿は「FXデイトレード実践の注意点」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35