« FXオンライントレードをゲームで楽しむ | メイン | FXオンライントレードをゲームで楽しむ »

FX(外国為替証拠金取引)のリスク

FX(外国為替証拠金取引)が、最近とても注目を集めています。しかし、FXのメリットばかりではなく、リスクやデメリットも正しく知る必要があります。

雑誌や書籍などでよく目にする記事は、「FX(外国為替証拠金取引)はリスクが大きいことがデメリットだ」という内容のものです。これは、FX(外国為替証拠金取引)がレバレッジ取引であることによるのでしょう。しかし、預ける証拠金の額で、レバレッジを調節すれば、自分の許容範囲内のリスクにコントロールすることが可能です。

知識をしっかりと身につけることで、このようなダメージは、防ぐことができるのです。

その他に、FX(外国為替証拠金取引)にかかるリスクとしては、どんなものがあるでしょうか。

全ての金融商品に必ず伴うのが、為替リスクです。為替リスクとは、為替の変動により、為替差益が発生する可能性があると同時に、元本割れする危険性もあるということです。

次に信用リスクという問題があります。

FX会社を選ぶ際に、全く無名の業者を選ぶようなことは、リスクを伴うことです。
法整備の遅れで、FX会社から証拠金を引出すことができないという問題も、以前はあったようです。そのため、取引業者の信用リスクは強く叫ばれますが、これは業者の淘汰が進んだことにより、現在は、かなり軽減されています。

そして、もう一つが、ネット取引に必ずつきものの、システムリスクです。大きくレバレッジをかけていたり、デイトレードのように短時間で売買をするような取引の場合、システムリスクは特に深刻な問題です。システムのトラブルにより、こういった取引が受けるダメージは大変大きく、危険なものとなるからです。

このようなリスクを少しでも抑えるためには、分散投資を心掛けるようにしておくのが懸命であると言えます。

About

2008年03月27日 07:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FXオンライントレードをゲームで楽しむ」です。

次の投稿は「FXオンライントレードをゲームで楽しむ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35