« テクニカル分析 ダウ理論(1) | メイン | テクニカル分析 ダウ理論(3) »

テクニカル分析 ダウ理論(2)

ダウ理論の成功法則について、引き続きもう少しご紹介してみたいと思います。トレンドについての理論ですが、FX初心者の方には、相場には三つの波動(トレンド)があるということを、憶えておいていただきたいと思います。それは、長期トレンド(Major or primary trend.主要波動)、訂正トレンド(Secondary trend.ニ次波動)、短期トレンド(Minor trend)です。また、短期トレンドより小さい動きとして、日々の変動(Daily fluctuation)があります。

長期トレンドは、一年以上数年にわたるものです。最も重要で、かつ予測困難なトレンドである訂正トレンドは、三週間から数ヶ月続きます。一般には、価格にして、長期トレンドのほぼ三分の一から三分の二の反動となり、通常は、二分の一の訂正に終わるとされています。短期トレンドや、日々の変動での予測は、間違いが生じやすく、特に、長期投資家にとっては、重要度が薄いですが、デイトレを中心に活動を行っているFX初心者には、大きな意味を持つものです。

FXの対象である外国為替相場の成功法則のひとつに、どんなに下落した後でも、実需の売りはあり、どんなに上昇した後でも、実需の買いは残るという法則があります。従って、たとえ株式相場では底練りと見られるようなパターンであっても、外国為替相場では、元のトレンドに戻ることもあるので、その点は注意が必要です。

FX初心者への成功法則は以下の通りです。

「相場には3つのトレンドがあり、資産保全の意味では長期トレンドを意識していればよく、難しいのは訂正トレンドの予測を的確にして、確実に儲けること。」

以上、ダウ理論について、少し踏み込んだ説明をしてみました。次項では、ダウ理論の成功法則について整理してみたいと思います。

About

2008年03月27日 07:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「テクニカル分析 ダウ理論(1)」です。

次の投稿は「テクニカル分析 ダウ理論(3)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35