« FXの儲け方 情報商材 | メイン | テクニカル分析 ダウ理論(2) »

テクニカル分析 ダウ理論(1)

ここから先につきましては、FX初心者の方が、ヴァーチャルFXなどで実際に練習をしてみた後に、お読みいただくことをおすすめします。株や先物、そして、FXについても同様ですが、確実に儲けて損を出さないためには、成功法則として、相場の予測理論を学ぶことが重要です。理論である以上、高度な知識を要求されますが、ここでは、いくつかある理論=テクニカル分析の概要について、FX初心者にもご理解いただけるよう、簡単にご説明していこうと思います。

最初に、「ダウ理論」というものについて、ご紹介します。ダウ理論とは、19世紀の経済学者チャールズ・H・ダウの没後、彼が、『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙に書いた論説が基になっている理論で、株、先物、為替の成功法則として、広く知られているものです。ダウは、平均株価の概念を導入した最初の人物です。ダウ理論で用いるのは、二つの平均株価(工業株平均・運輸株平均)の終値べースです。ダウ理論の考え方では、平均株価の概念と共に重要なことは、いったん始まったトレンド(動向)は、反転が証明されるまで、継続し続けるということです。

基本的に、株式相場の理論ですが、FXにおいても同じです。FX初心者のために、もう少し分かりやすく説明すると、「為替相場には、あらゆる事象が関与していますが、一度「上昇」というトレンドが始まったら、それを反転させる事象が置きないかぎり、上昇を続ける」ということです。

FX初心者のための成功法則のまとめとしては、「相場にはトレンドというものが存在し、何かの出来事が起きない限り、継続する」と記憶していただければよいと思います。

以上、ダウ理論の大本の概念について説明してみました。次項では、もう少し、ダウ理論の基礎を学んでみましょう。

About

2008年03月27日 07:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FXの儲け方 情報商材」です。

次の投稿は「テクニカル分析 ダウ理論(2)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35