« FX取引のリスク管理について | メイン | FX知識 ブログについて »

FX知識 本について

ここまで読んでいただいて、FXをぜひ始めてみたいと思われた方も、いらっしゃるのではないかと思います。しかし、いきなり業者に相談に行くのは禁物です。業者のいいなりにはならないように、しっかり予備知識を仕入れておく必要があります。

予備知識のソースとしては、本、WEBサイト、ブログ、セミナー、そして、バーチャルFXなどがあります。これらについて、説明していきたいと思います。

今回は、まず、本についてです。どんな本でも同様ですが、FX初心者向け、中級者向け、上級者向けの本があります。FX初心者にとっては、当然、初心者向けの本を買い求めることになります。しかし、あまりセンセーショナルなタイトルの本は要注意です。「年収5千万円の道」とか、「毎日が給料日」とかいう、一見魅惑的なタイトルの付いた本は、FXのメリットばかり強調して、リスクについてはおかんむりを決め込んでいるというものも多々あります。本当に役に立つような本というのは、FX初心者にとってのメリット/デメリットをしっかり抑えていて、予備知識を涵養してくれるような本です。

今のところ、FX初心者向けの入門本は、比較的安価(500円~1200円程度)で、数多く販売されています。タイトルや目次をよく見て選び、1冊選んで読んでおくといいでしょう。できれば、FX初心者の実際の体験談が、具体的に書かれているような本も読むと良いと思います。しかし、出版業界は、デメリットを晒すような本は出したがらないようなので、この辺のことは、FXに関するブログを参照した方がよいでしょう。

今の時代、メディアとしての本の価値は、相対的に低下していると言えるかもしれません。有益な情報は、もっぱらWEB上にありますが、本のメリットは、いつでも気軽にどこででも読めるということです。そういう意味で、1冊目には目を通しておかれると良いでしょう。

About

2008年03月27日 07:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FX取引のリスク管理について」です。

次の投稿は「FX知識 ブログについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35