« FX取引にかかるコストと税金について | メイン | FX知識 本について »

FX取引のリスク管理について

FXも、金融商品の一部です。元本保証型の商品ではないことから、当然、損失を出すリスクは存在します。株のように、一夜にして紙切れなどということはありませんが、レバレッジを基本として売り買いを行うFXには、「マージンコール」と「ロスカット」という、2つのリスク管理手続きが存在します。少々ややこしいのですが、FX初心者にも分かり易いように、ご説明してみたいと思います。

まず、マージンコールですが、これは、保証金の50%を超す損金が出たとき、その時点で決済するか、追加保証金の拠出を求めるという度です。10万円の証拠金で、20倍の200万円のレバレッジを組んで取引している場合、1ドル105円(105万円)で買ったドルが100円(100万円)に下がったとき、含み損は5万円ですから、証拠金の5割です。

この場合、FX業者は持っているドルを売って決済し、損益を確定させるか、あるいは、証拠金の追加を求め、上の例で言えば、あと10万円上積みすることによって、含み損の比率は25%に下げさせます。これがマージンコールです。レバレッジの比率が高いほど、わずかな相場変動でマージンコールがかかる仕組みになっています。ですから、FX初心者は注意が必要です。

続いて、「ロスカット」についてですが、これは、日本語の俗称「損切り」です。ロスカットの例としては、取引業者によって異なりますが、証拠金の20~30%になると、持っている通貨の一部や全てを決済してしまうというものです。マージンコールと似ている面がありますが、大きな違いは、マージンコールは、証拠金の上積みで解除できるのに対して、ロスカットは強制的に決済させられるという点にあります。

マージンコールもロスカットも、損失が出た場合、その損失を証拠金以内の最小限に抑えるための安全弁のようなものです。FX初心者が、少額の資金で始めたFXで大損失を出しても、実際の損失負担は、証拠金の範囲内で収まるようにはなっているのです。

About

2008年03月27日 07:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FX取引にかかるコストと税金について」です。

次の投稿は「FX知識 本について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35