« FX取引の証拠金について | メイン | FX取引で得る利息収入について »

FX取引の為替差益について

FXで行われる取引には、大きく分けて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2種類があります。ここでは、FX初心者向けに、その概要、違い、使い分けの方法について、ご説明したいと思います。

まず、キャピタルゲインとは、日本語では「為替差益」で儲けることを言います。為替差益は、FX取引の基本です。これは、いわゆる、株の相場差益に相当するもので、大きく儲けるには、キャピタルゲインを中心に据える必要があります。その理由は、インカムゲインの項で説明しますが、金利のみで儲けようとしても、為替レートがほんの少し変動しただけで、利益がふっとんでしまい、損はしないが儲けもでないということになりがちだからです。これでは、FX初心者は、全然面白くないと思います。

もちろん、資産保全のために、外貨口座を開設しているのなら、とやかく言うことではありませんが、儲けようと思ったら、まずは為替差益で儲けるキャピタルゲインを中心に据えるべきです。

そのキャピタルゲインですが、しくみを言ってしまえば簡単です。要するに、「安く買って高く売る」ということです。これは、株でも一般のビジネスでも原則は同じだと思います。ただし、FXが株や商取引と違うところは、為替レートが上がっても下がっても、儲けが出せるということです。言い換えれば「高く売って安く買う」という取引が出来るということです。

というのは、株や商取引が、「買い(仕入れ)」から入るのに対して、FXは、「売り」から入ることができのです。例えば、 1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、10万円(120万円-110万円)の利益が出ます。このように、FXのキャピタルゲインは、相場高、相場安の両面から攻めていくことが可能です。

FX初心者は、まず、キャピタルゲインの練習からはじめると良いと思います。後述しますが、バーチャルFXという、ゲーム感覚でFXの練習が出来るサービスがありますので、まずはこで練習してみるのも賢い方法だと思います。

About

2008年03月27日 07:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FX取引の証拠金について」です。

次の投稿は「FX取引で得る利息収入について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35