« 理想的な取引が可能なマネックスFX | メイン | FX取引の為替差益について »

FX取引の証拠金について

FX(外国為替証拠金取引)が、実際にどのように行われているのかについて、FX初心者に分かるように、5回にわたって説明していきたいと思います。

FX取引では、まず最初に、証拠金をFX取引業者に預けることによって、取引がスタートします。外貨預金や外貨MMFのように、取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、一種の担保のような資金を、FX業者に預けることで、取引が始まります。証拠金の額は、最低1万円、一般的には、10万円くらいが相場のようです。

この証拠金に対して、レバレッジをかけることで、預けた証拠金の、10倍から最高200倍までの取引が可能になります。レバレッジの倍率は、業者によって異なります。最高レベルでは、10万円の証拠金に対して、最高2000万円の取引が行えることになります。この点が、FXの魅力でもあるわけですが、FX初心者の場合は、いきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然、それ相応のリスクも負わねばならないことになりますから、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してみて、FX取引の概要をつかむことから始めるのが得策です。

徐々に慣れてきて、FX初心者を卒業する頃になったら、レバレッジの率を上げていけば、より多くの額の取引が可能になります。なぜ、このような仕組みになっているのかというと、為替レートは、一般的には、変動率が小さいので、特に、キャピタルゲイン(為替差益)で儲ける場合には、相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないことが理由としてあげられます。つまり、相当数の資金を自己資金でまかなうとなれば、FXを始められる人は、ぐんと減ってしまいます。そこで、一種の信用取引きのような形で、証拠金を預け、レバレッジをかけることによって、FX初心者に対する敷居を低くしているというわけなのです。

About

2008年03月27日 07:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「理想的な取引が可能なマネックスFX」です。

次の投稿は「FX取引の為替差益について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35