薬剤師 求人

薬剤師とは、主に薬剤を取扱い、病院や薬局で調剤などをする専門職です。薬剤師の資格をとるには、大学の薬学部のうち6年生課程を卒業して、薬剤師国家試験を受けて合格しないといけません。薬剤師の資格は、薬剤師国家試験に合格し、その後に薬剤師名簿に登録申請することで薬剤師の免許が与えられることになります。薬剤師の資格を取得するための国家試験は、通常3月に試験地は徳島県及び福岡県になります。

薬剤師の仕事を探す場合、方法ですが、薬剤師の派遣を扱う人材派遣会社に登録をして派遣スタッフとして働く方法もあります。場合には、雇用関係は実際に働く薬局や病院ではなく、派遣元の会社との間に発生します。その為、雇用保険や社会保険の加入、給与の支払い等は話になります。一般的に時給制で、パートやアルバイトで高めに設定されていますが、交通費や賞与等の支給はないことが大半のようです。派遣薬剤師には一部制限が病院へは派遣は認められていません。管理薬剤師として薬局に派遣されることもでなっています。

紹介料を騙し取る悪徳業者もあるようですので、許認可を受けている企業であるか等を事前に確認すると安心でしょう。際に、料金が発生することはありません。薬剤師が業務で関わる医薬の分野に精通したコーディネータが就職先の希望等のカウンセリングを行った上で、セッティングを行ってくれ、応募審査の際のアドバイスもしてくれます。様々な相談に乗ってくれるところもようです。

薬剤師として勤務する場所の中でうちのひとついえるのが勤務でしょう。医療機関で処方せんを交付されてやってきた患者に対し、処方せんに基づいた薬剤を用意したり調剤、分包したりしてそれぞれの患者に合った薬剤を渡すことが役目となります。薬剤を黙って手渡せば終わりということでは服用指導を行うことも薬剤師の重要な役目といえます。ドラッグストアに勤務する場合もあります。来店客から症状等を聞き、それに合った適切な薬剤を選んで正しい服用や使用の仕方を指導しなければならないのは場合と同じです。

「薬剤師をしている」と聞くと、大抵の人が病院の調剤窓口や民間の医療機関のそばにある調剤薬局で医師から交付される処方せんに従って患者に薬を調剤する仕事をしているのかと思うのではないでしょうか。薬剤師がその資格を活かして活躍できる場所は多岐に渡っているのです。国や各都道府県の自治体の職員となった薬剤師は拡がりを防ぐ為の検査業務等を行っています。
薬剤師 求人 転職 給料 年収
  • Yahoo
  • Google